会食不能症状群 |会食不能症状群とは

2014-10-01更新

料理も得意のボクなのに、人前では食物を一口も口に入れられません!
僕は応用化学を学ぶ大学院生です。いわゆるビジネスエリートの父は僕を官僚にしたかったようですが、僕は反発して理系に進みました。しかしその分、まじめに努力してきたつもりです。僕は、今の大学生のように女のコと遊び回りたいとは思っていないのですが、もっと基本的なレベルに問題があるため、デートもゼミのコンパにも行けません。人前では、食物を一切、口に入れることができないのです。目の前の食べものをじーっと見ているうち、冷や汗がでてきて顔がこわばってきます。無理に口に押し込んでも、どうしても飲み込めない。1人でいるときはビデオを見たりしながら気楽な気持ちで何でも食べるし、僕は男のくせに料理が好きで家族や友人にごちそうを作ってあげることもよくあります。今のところ、大学では実験が忙しいから食事に行くヒマはないということで何とかごまかしています。父親は進路のことでまだわだかまりが残っているため、自分と外食したがらないのだ、と信じているようです。みんなにこんな屈辱的な症状が知られる前に、治してしまいたいのですが。(文京区H・Y)
●向かい合って焼き肉を食べているような男女はもうデキている、という名言を述べた作家はだれだったか忘れましたが、これを聞いてから私は、男の人と焼き肉屋さんに行くとまわりの客がみんなそういう目でこっちを見ているように思えて、落ち着かなくなります。日常のレベルで考えても大口をあけて食べ物を詰め込む、なんてナイーヴさとはほど遠い行為です。また、精神分析の文脈でとらえるともちろん、食事のプライマリーな形であるお乳を吸うことは口唇期の欲望のあらわれそのものなんだから、食事をとれない、ということは、乳児期のように人格の発達の早期に由来する感情の葛藤と関係あるのかなー、なんて考えてみたくもなります。食事の問題ってグルメから病気まで、考え出すときりがない。Yさんのように人前でごはんを食べられない!人には一応、会食不能症状群というそれらしい名前がつけられています。